きんたのロードバイク日記

ロードバイクについてのパーツ購入、メンテナンス、ブルべ参加などについて記載します。

ペダルの整備失敗からの微調整

この前ビンディングペダルPD-5800を分解整備しましたが、玉当たり調整がうまく行かず回り難くくなってしまいました。

外して調整するものの再度同じ状態に。

 

玉当たりのナットがペダリング中に締まってしまうことが原因でした。

分解したときに元からついていた緩み止め剤がなくなっているのが原因だと思われます。

 

なので緩み止めを買いました。


f:id:kintaroadbikediary:20191013151945j:image

 

LOCTITE(ロックタイト) ねじロック 243 中強度タイプ 10ml LNR-243

LOCTITE(ロックタイト) ねじロック 243 中強度タイプ 10ml LNR-243

 

 

そして玉当たりのナットを締める時に薄いスパナがある方が便利なので薄いスパナも購入。

 


f:id:kintaroadbikediary:20191014090808j:image


f:id:kintaroadbikediary:20191014090818j:image


f:id:kintaroadbikediary:20191014090830j:image

こんな感じで使います。

下のナットを薄型スパナで締めたり、
f:id:kintaroadbikediary:20191014090855j:image

下のナットを押さえて上のナットをレンチで締めます。

この時に薄さが役に立ちます。

厚いと上のレンチがしっかりはまらないのです。
f:id:kintaroadbikediary:20191014091037j:image

上のナットにロックタイトで緩み止めして戻しました。

これで乗ってみて緩まないか試してみたいと思います。

 

もしよかったら下のブログ村のバナーをポチっと押して下さい。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

BRM1006たまがわ定峰200

AJたまがわさんの定峰200に参加しました。

今回はブルベ初参加の2人と一緒に参加です。

前日の21時にドリエルと言う市販の睡眠導入剤を飲んで無理矢理寝ました。

朝5時4分発の電車に乗り二子玉川を目指します。


f:id:kintaroadbikediary:20191007113440j:image

二子玉川駅でもう1人と合流したらたった今パンクしてしまったとのこと。

なんと替えのチューブもパンクしていたので私のチューブをあげてなんとかなりました。


f:id:kintaroadbikediary:20191007131325j:image

ブリーフィングにはギリギリ参加できたのですが、4人中2人が予備のチューブがない状態で走ります。


f:id:kintaroadbikediary:20191007131315j:image

受付が遅かったの最終ウェーブで7時20分出走。

出走までに昨日買ったおにぎりを2つ食べました。

ギリギリで飲み物を買う時間がなかったので途中自販機で飲み物を買っていたら最後尾になりました。

 

なんか最後尾が多い気がします。

 

チューブが無い2人が先行して走ります。

私が登りが遅いので平地で先行して少し貯金しておく作戦です。

 

PC1までは平地だったのでなんなく到着。


f:id:kintaroadbikediary:20191007131359j:image

今回はコーラやラムネなどの直接の糖分は控えてできるだけ食事でとる作戦です。

まずはたらこスパゲッティ、足りなかったのでスパイシーチキンも追加で買いました。

 

PC2に向けて出発です。

すぐに山王峠を越えます。

山王峠は比較的楽なのですぐにクリア。

近くにカフェキキさんがあるのでオープンしてたらPC1で食事しないでキキさんに行ったのですが、あいにくこの日はキキさんの走行会でお休みなので諦めて山伏峠に向かいます。

 

山伏峠は距離は短いもののそれなりに急勾配があるのでちょっとキツイです。

ただ急勾配区間は短いのですぐにクリア。

ひたすら下って秩父に入ったところでPC2に到着です。


f:id:kintaroadbikediary:20191007132013j:image

PC2のお向かいに自転車屋があったのでチューブを補給してスタート。

ブルベのタイトルにもなってる定峰峠です。

 

小川町側から登ったことは何度かあるのですが、秩父側からは初めてです。

登り始めるとシャレオツなお店を発見。

サイクルラックにロードバイクがありました。

後で聞いたらジェラート屋さんだそうです。

定峰峠秩父側からだと比較的緩やかですが、距離が長くて少し飽きます。

定峰峠をクリアして少しだけ休憩していたら後続組が追い付いてきました。

後続組を置いて先にスタートします。

定峰峠東秩父に向かって下るとすぐに通過チェックの道の駅につきました。

アイスを買ってトイレに行って再スタート。


f:id:kintaroadbikediary:20191007132530j:image

ここまでで時間はギリギリですが、これからは基本平地でなので貯金ができるはずです。

松郷峠をクリアしてPC3に到着。


f:id:kintaroadbikediary:20191007132708j:image

ゴールはすぐそばです。

途中日曜の夕方の渋滞している幹線道路に苦しめられましたが、多摩川沿いにたどり着いてペースがあがります。

 

ゴール手前の兵庫島公園は真っ暗で200だけどVOLT1600を持ってくるべきでした。

 

そしてゴール。


f:id:kintaroadbikediary:20191007132935j:image

受付が終わったらすぐに後続組も到着したのでそのまま輪行して帰宅しました。

 

今回は飲み物は麦茶、PCでしっかり固形物の食事をしたので体調はバッチリでした。

気温が低めだったので体温調整で体に負担がかからず汗も少なめなのもよかったのかもしれません。

ドリエルで21時に寝たのでいつものブルベは睡眠不足気味でしたが、今回はよく寝れたのも大きいです。

 

サドルも新しいサドルが良かったのか全く痛くならなかったです。

 

SERFAS RX-921 メンズサドル

SERFAS RX-921 メンズサドル

 

 

300以降の距離でも痛くならなければいいのですが。

 

次のブルベはシーズン最後のラスボスとしてあおばさんの200半原越です。

リタイア覚悟でエントリーしました。

 

 

もしよかったらしたのブログ村のバナーをポチっと押して下さい。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ホイールアタッチメントを購入しました。

VERGO-TF2-WHのホイールホルダーをスルーアクスルで使えるパーツを買いました。


f:id:kintaroadbikediary:20190930165914j:image

 

以前ミノウラの前輪を外して搭載するタイプの車載キャリアを購入したのですが、外した前輪を搭載するホルダーはクイックタイプの物しか対応しておらず、ディスクブレーキタイプのホイールはつけられませんでした。

 

ネットで搭載できるアタッチメントがあることがわかったので購入してみました。

 

マニュアルをみると前輪100mmと後輪は142mm、148mmの両方に対応してます。f:id:kintaroadbikediary:20190930170248j:image

 

実際に取り付けてみました。


f:id:kintaroadbikediary:20190930170442j:image

こんな感じで奥側のネジを開けてホイールを装着してネジを閉めます。

 

9月にレンタカーで行く予定の乗鞍岳が雨でキャンセルになってしまい、10月に行く予定を考えているのでうまくいけば10月に使えます。

ディスクブレーキのローターを汚したくなかったので地味だけど重要なアイテムです。

 

もしよかったら下のブログ村のバナーをポチっと押して下さい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

筑波山ふうさんライド

土浦駅集合で筑波山ライドに行きました。

まずは池袋から輪行

(写真は日暮里)


f:id:kintaroadbikediary:20190929070024j:image

相変わらず土浦駅の改札は狭くて輪行袋を担いで通り難いです。


f:id:kintaroadbikediary:20190929234432j:image

1人遅刻したのてりんりんロードの途中にある小田城で待ち合わせしたので小田城に向けて出発します。

 


f:id:kintaroadbikediary:20190929234546j:image

 

小田城で合流したら筑波山に向けて走ります。

まずは不動峠

FTPの更新を試みて圧をかけて登ってみます。

ガーミンのパワーカーブを見ると20分の平均

パワーが206Wでしたが、ライド後に確認したら224Wになってました。

20分の平均パワーの95%がFTPなのでFTPは212Wですね。


f:id:kintaroadbikediary:20190930093901j:image

風返し峠の交差点を経由してつつじヶ丘まで登ります。

おきまりのガマで写真。
f:id:kintaroadbikediary:20190930094256j:image

この後、かりんとう饅頭を食べてからふうさんでお昼の予定でしたが、時間が無いのでかりんとう饅頭を後回しにしてふうさんを目指します。

 

四川厨房ふう

http://sichuankitchenfuu.a.la9.jp/

畑の中に突然お店があるのでビックリしました。

サイクルラックも完備です。
f:id:kintaroadbikediary:20190930094528j:image

汁なし担々麺

f:id:kintaroadbikediary:20190930094631j:image

麻婆豆腐


f:id:kintaroadbikediary:20190930094655j:image

どちらもかなり美味しいので筑波山に行ったらふうさんに行くことをおすすめします。

 

その後岩瀬方面へりんりんロードを走って

つくばぷりん富士屋さんへ
f:id:kintaroadbikediary:20190930095444j:image

プリンが美味しいとのこと。

私はプリンが大好物なのですが卵アレルギーになってしまって食べれないので卵が入ってないプリンがあったのでそれを食べました。

サイクルラックと自販機と椅子があるので休憩にはもってこいです。

 

土浦に向けて帰る途中にかりんとう饅頭を食べに戻ります。

沼田屋さん
f:id:kintaroadbikediary:20190930095807j:image

沼田屋さんのかりんとう饅頭は長くて外はサクサクです。


f:id:kintaroadbikediary:20190930095856j:image

 

そしてりんりんロードを走って土浦駅へ。


f:id:kintaroadbikediary:20190930095943j:image

朝8時集合で夕方17時に百戸ってきたので9時間のライド。

距離は87km、獲得標高は774mでした。

思ったより獲得標高は少なかったですが充実したライドでした。

 

もしよかったらしたのブログ村のバナーをポチっと押して下さい。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

カフェキキ経由のややゆったりライド

3連休の前半の土日で乗鞍岳に1泊で行く予定でしたが雨の為キャンセル。

そしたら土日共に走れた疑惑。

しょうがないので最終日である月曜にカフェキキで走ることにしました。

 

朝は雨の予報でしたが家の近所はやんでました。

微妙に路面は濡れてましたが最寄り駅まで走り輪行

 

しかし飯能に近づくにつれて雨模様。

 

飯能駅では小雨でしたのでカフェキキまで強行して行く事にしました。

雨具一式を持っていきましたが、シューズカバーと上着だけでレインパンツははかないで行ったのですが、走っている際の後輪の水はねがサドルバッグだけではブロックできずに背中の下側とおしりが濡れてしまいました。

カフェキキについてから確認したらお尻のパッドが濡れてました。

パッドは乾きにくいので本日中は諦めるしかないです。

ちゃんとレインパンツをはけばよかった。

 

一緒に走る予定の友人Uが自宅近くでは雨とのことなのでカフェキキで少し待ちそうです。

そうしている間に友人Gが来店。

有間峠が今日を最後に今年は閉鎖されるので行きたいところでしたが、マスターいわく路面状況が悪いので行かない方がいいとの事。

 

リンゴの肉巻きサンドイッチを頼みました。

無茶苦茶美味しかったです。
f:id:kintaroadbikediary:20190925140726j:image

 

8時待ち合わせなのに9時半になっても来ません。

LINEも既読にならない。

自走なので途中事故にでもあったのかも知れないと思っていたらLINEが来てパンクしてしまったとのこと。

諦めて待ちます。

 

しかし10時半になっても来ず、LINEも既読になりません。

事故か?と思っていたら連絡がありパンク修理場所に携帯電話を忘れて戻っていたそうです。

そうこうしているうちに到着して11時過ぎてから走り始めました。

 

まずは苦労坂


f:id:kintaroadbikediary:20190925140710j:image

最初は筋トレのつもりで重いギアで走ろうなんて思っていたらみるみる勾配17%、そして22%に突入しました。

 

苦労坂の裏側を下り、下りきったところで友人Uは帰宅の為わかれます。

 

我々は山王峠に向かいます。

山王峠は普通の長めの上り坂って感じです。


f:id:kintaroadbikediary:20190925141936j:image

 

そしてカフェキキに戻りお昼ご飯です。

特盛カレーと甘酒ミルクの冷たいもの。


f:id:kintaroadbikediary:20190925142025j:image


f:id:kintaroadbikediary:20190925142041j:image

 

ここからまた走ります。

東峠の前の住宅地の激坂でウォーミングアップするGさんを見送り先を急ぎます。


f:id:kintaroadbikediary:20190925142228j:image

東峠を越えて東吾野駅まで、そこから飯能駅まで走って輪行で帰りました。


f:id:kintaroadbikediary:20190925142141j:image

 

もしよかったら下のブログ村のバナーをポチっと押して下さい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

またまたサドル買いました

またまたサドルを買いました。

最初にフィジークの会社が出してるセラロイヤルのRemedと言うサドルを買いました。


f:id:kintaroadbikediary:20190916232648j:image

 

 

届いてみてサドルを触ってみると今のサドルよりはやや硬いですが評判は良いので試したいと思っていたところ、ツイッターで本州1周した人が使っていたサドルを見つけたので緊急購入。

serfas(サーファス)と言うブランドらしく、ライトウェイ社が輸入代理店の様です。
f:id:kintaroadbikediary:20190916233016j:image

分厚さが半端ないです。
f:id:kintaroadbikediary:20190916233338j:image

裏にはジェルがみえます。


f:id:kintaroadbikediary:20190916233422j:image


f:id:kintaroadbikediary:20190916233450j:image

前回購入した999円のサドルも悪くなかったのですが、前立腺の辺りが時々痺れるのでこちらのサドルの方が前側まで割れ目があるので良さそうです。

柔らかさもかなりのもの。

前回のサドルで200km近く走ってみてもよかったのですが、このサドルが良さそうなのでこちらに交換しちゃいました。

前回のサドルとの見かけの比較が凝んな感じです。


f:id:kintaroadbikediary:20190916233739j:image


f:id:kintaroadbikediary:20190916233751j:image

10月6日の定峰200はこのサドルで試してみます。

これでサドル沼から抜け出せるといいなあ。

 

もしよかったら下のブログ村のバナーをポチっとしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ボトルケージを買って少し変更

現在はサドルバッグスタビライザーを使ってボトル3本体制にしてます。


f:id:kintaroadbikediary:20190910232542j:image

ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザー ブラック

ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザー ブラック

 

そしてシートチューブのところにトピークのニンジャと言うチューブを入れられる小物入れが付いているボトルケージを使っています。

 

トピーク ニンジャ ポーチプラス ロード

トピーク ニンジャ ポーチプラス ロード

 

 

ところが問題点が2つ。

サドルバッグスタビライザーのところにツールケースを入れてるのですが、自転車に乗る時にツールケースを蹴っ飛ばしてしまう恐れがあり、かなり自転車を傾けて乗っています。

 

もうひとつはニンジャのボトルケージにボトルをいれるとボトルがトップチューブギリギリになり取り出しがかなり困難です。


f:id:kintaroadbikediary:20190910230545j:image

これには原因があり、ボトルケージの下にポーチがついているのでシートチューブのネジ穴に直接ボトルケージを付けようとするとポーチがダウンチューブに当たってしまってつきません。

そこで取り付け位置を上にずらす為にマウントをつかって上側に付けているためにトップチューブに当たってしまうのです。

 

 

これを解消するアイディアが浮かびました。

 

ダウンチューブとシートチューブには普通のボトルケージをとりつけ、サドルバッグスタビライザーにはボトルケージマウントで下にずらしてニンジャのボトルケージを付ければいいのです。

 

早速ボトルケージをアマゾンで購入。

 

こちらがデザインがそれなりに良く、アルミなのに18gというオススメのボトルケージです。

ツイッターでオススメされてたので購入しました。

ボトルケージは使用しているボトルにサイズが合わない事がたまにありますが、アルミなので多少は曲げてボトルに合わせられます。


f:id:kintaroadbikediary:20190910231523j:image


f:id:kintaroadbikediary:20190910231532j:image

 

早速取り付けてみました。

 


f:id:kintaroadbikediary:20190910231625j:image

 

そしてニンジャをサドルバッグスタビライザーへ。

この様にマウントを使って下に付けます。
f:id:kintaroadbikediary:20190910231707j:image

無事、蹴らない高さになりました。


f:id:kintaroadbikediary:20190910231756j:image

 

しばらくこれで運用してみようと思います。

 

 

もしよければブログ村のバナーをポチっと押してください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村